Release agent

コスパのいい離型剤ならフッ素系離型剤が第一選択肢

新しく何かを買うときに、コスパを重視することは大切です。かけた費用に対して、より優れたパフォーマンスを見せてくれる製品がコスパの高い製品ということになりますが、離型剤をコスパの面で判断するなら、やはりフッ素系離型剤が一番でしょう。
離型剤のパフォーマンスの方は、比較的単純に考えることが出来ます。綺麗に成形・離型が出来て、破損品、失敗作を出さないことが、ハイパフォーマーの離型剤の指標と考えられます。しかし、コスト面については、そこまで単純に考えることはできません。離型剤の購入価格はもちろんコストのうちに入りますが、離型剤の働きが悪いことによって生じる成形失敗物の原材料費や、成形のやり直しにかかる時間的コストと人件費、そうしたものもひっくるめて、トータルで考えるべきでしょう。更には、引火性のある離型剤を使った場合、作業所を危険物取扱可能な環境に整備するのにかかる手間暇や費用といったコストも考えられます。
フッ素コーティングの仕組みを応用したフッ素系離型剤は、成形失敗によって必要になる追加コストは非常に低く、かつ、現場で使える引火性のない製品も販売されていることから、上述の危険物取扱に関連したコストも不要に出来ます。このように、総合的に考えれば、フッ素系離型剤のコスパは極めて高いと言えるでしょう。

注目記事

新着情報

Top