飲んで唄って騒いだあとは触れる梅田のセクキャバへ

女性

お酒を飲んでいろいろと楽しめる「セクキャバ」とは

セクシーキャバクラの略であるセクキャバは、いわゆるおっぱいパブとも称され、キャバクラでありながら風俗でもあるという、特殊な営業形態をしています。キャバクラのように女性に接客をしてもらいつつお酒を飲むことができ、さらにその女性の体を触ることができるということで、世の中のサラリーマンに普遍的な人気があります。
最近は夜間営業の他に昼間営業を行っているお店も増えている状況です。セクキャバにはソフトなタイプのお店とハードなタイプのお店があり、ルールなども異なっています。ソフトなタイプのお店ではお酒を飲みつつ女の子の胸を触るくらいまでは許されています。サービスタイムが始まれば、店内照明が暗くなりさらに盛り上がっていき、場合によって触り放題という状態になります。
それに対してハードなタイプのセクキャバですが、女の子の下半身まで触って大丈夫なお店もあります。下半身まで脱いでしまうことは基本的に風俗の法律によって罰則を受ける場合があるということで、服は上半身のみ脱ぐということが多いようですが、お触りの許される度合いはソフトなお店とは大きく異なるでしょう。やはりこちらもサービスタイムがあり、触り放題の時間が楽しめます。

お酒を飲んでいろいろと楽しめる「セクキャバ」とは

セクシーキャバクラの略であるセクキャバは、いわゆるおっぱいパブとも称され、キャバクラでありながら風俗でもあるという、特殊な営業形態をしています。キャバクラのように女性に接客をしてもらいつつお酒を飲むことができ、さらにその女性の体を触る…

MORE ▶

SUB MENU

TOP